FC2ブログ

英語で名言<part10> Mahatma Gandhiの名言

おはようございます!

今日は7月10日、納豆の日!
そして、あっちゃん(前田敦子の方!オリラジではない。)の誕生日ですね!

あっちゃんが素敵な誕生日を過ごすことを祈って、本日の名言に行きましょう!

今日はインドが誇る「偉大なる魂」マハトマ・ガンディーの名言です。


<本日の名言>
"It is better to be violent if there is violence in our hearts than to put on the cloak of non-violence to cover impotence.
-Mahatma Gandhi

今回の名言は、基本的な文章なので読みやすいのでは?

それでもわからなかったあなたにヒントタイム!


① put on Aは熟語NOWのNo250.に載っている「Aのふりをする」という意味の熟語です。よく出てくる熟語なので要注意やで!

② cloakという名詞も気になると思います。この名詞は、「マント、覆い隠すもの、仮面、口実」という意味です。あまり受験では見かけない単語かな~。


さあ、そろそろ答えを知りたいですね!

名言を多く残したガンディーの名言はコチラ!!


<本日の名言>
心の中に暴力性があるなら、非暴力を口実に無気力を隠すより、暴力的になった方がいい。
ーマハトマ・ガンディー


まぁ何とも言えない名言ですが、「ありのままでいこうよ!」という感じでとらえましょう!

(うし)
スポンサーサイト



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

    偏差値38から難関大への逆転合格!
    英語長文読解、社会歴史科目専門塾
      藤井セミナー 川西教室

 阪急宝塚線 川西能勢口駅 11番出口から徒歩2分
 JR福知山線 川西池田駅 北出口から徒歩10分
 TEL:072-755-7010

 関学 関大 同志社 立命館 早慶上智
 GMARCH 国公立2次英語 甲南

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

英語で名言<part9> ストウ(Harriet Beecher Stowe)の名言

こんばんは!

雨が降ると少しムシムシしますね!

早速、今日の長文に行きましょう!

今日の名言は、「アンクルトムの小屋」で有名なストウの言葉です!

アメリカの奴隷解放運動を語る上では外せないストウ、彼女が語った言葉が・・・


<本日の名言>
"The bitterest tears shed over graves are for words left unsaid and deeds left undone."
-Harriet Beecher Stowe

なかなか深い言葉ですね・・・

この文章、なかなか1・2年生では読みづらいかもしれないです。

ここでヒントタイム!


① この文の中では、過去分詞の形容詞的用法が多く使われています。どれが過去分詞の形容詞的用法か気づきましたか?
答えは、shed、left、leftの3つです!この短い文の中で3つも過去分詞の形容詞的用法が出てくるのは珍しいので、よく復習してくださいね!

② deedsという名詞の意味はわかりますか?英単語NOWのNo.1868に載っている「行為」という意味の名詞ですよ!


これだけあると、もう訳せましたね!

<本日の名言>
墓地で流される涙のうち何より苦いのは、伝えなかった言葉や、なさなかった行いを悔やむものだ。
ーストウ夫人


日々後悔をしないように行動していきたいですね!今日やり残した勉強はないですか?あともう少し頑張れませんか?受験勉強は、後悔のないように頑張りましょう!

(うし)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

    偏差値38から難関大への逆転合格!
    英語長文読解、社会歴史科目専門塾
      藤井セミナー 川西教室

 阪急宝塚線 川西能勢口駅 11番出口から徒歩2分
 JR福知山線 川西池田駅 北出口から徒歩10分
 TEL:072-755-7010

 関学 関大 同志社 立命館 早慶上智
 GMARCH 国公立2次英語 甲南

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

英語で名言<part8> Albert Einsteinの名言

おはようございます!

早速ですが、朝の名言をいきましょう!

今日はあの有名なアインシュタインの名言!!

"The question that sometimes drives me hazy: Am I, or the others crazy?"
-Albert Einstein

歴史上、一番の「天才」とされるアインシュタインの苦悩を見て取れる文章ですね。


この文章にも、受験生には見逃せないエッセンスが盛りだくさん!

それでは、早速ヒントに行きましょう!

① questionの後のthat、このthatは何のthatかわかりますか?thatの識別は、藤井セミナーの授業ではかなり良く聞かれますね。(笑)
 今回は、questionという名詞の後にあるthatの識別となります。thatの後には、sometimesという副詞があるので、その後にあるdrivesを要チェック!drivesは動詞だから、このthatは関係代名詞の主格で、<that sometimes drives me hazy>が後ろからThe questionという名詞にかかってます。
(名詞/thatの識別は英文法・構文NOWのNo.11を要チェック!)

② 次に、関係代名詞節の中のdrivesは何と訳しますか?このdriveは5文型になっているので、熟語NOWのNo.20のdrive OC、「OをCの状態にする、OをCのままにしておく」だよね!

③ さらにthat節の中には、見たことがあるようでないhazyがありますね!このhazyは、形容詞で「かすんだ、もうろうとした」などの意味があります。単語NOWのNo.623に名詞のhazeが「かすみ、もや、もうろう(とした状態)」とあるので、わかった人も多いのではないのかな?


ここまできたら、もうアインシュタインの言いたいことはわかったよね?
正解はこちら!!


時々、私を朦朧とさせる疑問。おかしいのは私なのか?彼らなのか?

ーアルバート・アインシュタイン


 時代の先駆者・天才は、周りの人には理解をされません。この名言を見た時に思い出したのが、進学校でない高校から関学に合格したA君の話。彼の高校は、難関大にチャレンジする人もあまりいなかったので、学校の休み時間に勉強をしてたら、いじられたり、馬鹿にされたりしたそうです。その中で彼はひたむきに努力を続け、見事に第一志望であった関西学院大学に合格したのです。その高校の中では、勉強をするということはおかしい行動でしたが、彼は夢を1つ叶えました。電車の中で勉強をする、お風呂で勉強をする、逆転合格をした生徒は周りからおかしいと言われるような行動を自分を信じて続けていきました。自分を信じることは本当に大切なこと。今日も1日全力で頑張りましょう。

(うし)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

    偏差値38から難関大への逆転合格!
    英語長文読解、社会歴史科目専門塾
      藤井セミナー 川西教室

 阪急宝塚線 川西能勢口駅 11番出口から徒歩2分
 JR福知山線 川西池田駅 北出口から徒歩10分
 TEL:072-755-7010

 関学 関大 同志社 立命館 早慶上智
 GMARCH 国公立2次英語 甲南

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

英語で名言<part7>"A belief is not merely an idea the mind possesses. It is an idea that possesses the mind."

本日は七夕ですね!
みんなの願いが叶いますように・・・

今日は晴れていたので、天の川が見えたらいいな~と思うのですが、まったく見えていないです・・・

田舎に行ったら、めっちゃきれいに見えるかもですね♪


今日はお久しぶりの名言コーナー!!

本日の名言はこちら!

"A belief is not merely an idea the mind possesses. It is an idea that possesses the mind."
-Robert Oxton Bolton

これはまた受験生にはたまらない名言ですね。

よく見たら、藤井セミナーでおなじみのあの文法も!


ちょっと何のことかわからん人のために、ヒントコーナー!

① an idea the mind の部分は藤井セミナーで良く出てくる、名詞と名詞が繋がったときの4つの用法だよね!
今回は、possessesが他動詞にも関わらず、その後に目的語がない!
だから、関係代名詞目的格の省略だよ!
(わからない3年生は英文法・構文NOWのNo.2を見るように!今回の文法テストの範囲やで!)

② merelyという副詞の意味はわかるかな?
「単に」っていう意味だよ!
(単語NOWのNo.1686に載っているよ!)
ここでは、not merelyだから、「単に~でない」または、「ただ、~でない」と訳すといいね!

これだけ、ヒントがあれば、もう大丈夫だよね?
それでは、この名言をきれいな日本語で見てみると・・・


信念とは、心の中にただ宿るだけでなく、心を支配する思いのことだ。
ーロバート・オクストン・ボルト


本当にしびれる名言ですね!!
絶対に志望校に合格するという信念を持とう!!

これはただ、なんとなく「志望校にいきたい」ではなく、「志望校に行きたくてたまらない、うぉぉぉぉ!」ていう感じ!
志望校に行きたい気持ちで心が支配されれば、周りに惑わされずただただ勉強に集中できますよね?スマホの通知なんて気になりませんよね?(笑)
さあ!今すぐ本気の勉強を始めよう!

(うし)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

    偏差値38から難関大への逆転合格!
    英語長文読解、社会歴史科目専門塾
      藤井セミナー 川西教室

 阪急宝塚線 川西能勢口駅 11番出口から徒歩2分
 JR福知山線 川西池田駅 北出口から徒歩10分
 TEL:072-755-7010

 関学 関大 同志社 立命館 早慶上智
 GMARCH 国公立2次英語 甲南

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

英語で名言!<part6>

こんにちは!

英語で名言のコーナーです!

今回は僕のお気に入りの名言です!


<本日の名言>
"With foxes, we must play the fox."
-Thomas Fuller


<ヒント>
今回の名言のポイントは、withの活用の仕方です。
そもそも前置詞のwithというのは、「対抗」の意味合いで用いるのが元の意味でした。
現在では、「~と一緒に」とか、「~と共に」のように、「同伴」や「付加」の意味で用いるのが主流になってきています。
今回は、「対抗」の意味合いで、「~を相手に」や、「~に対して」で訳を取っていきます。


<答え>
狐を相手にする時は、狐の発想で立ち向かえ。
トーマス・フラー


僕がこの名言で好きな部分は、対する相手の発想になりきって立ち向かうという点です。
これは受験においても全く同じで、志望大学を相手にする時は、志望大学の発想で立ち向かわないといけないです。

大学の過去問を研究して、どのような問題が多く出題されるのかを知り、その出題傾向に合わせて学習プランを作っていかないといけません。
もし、自分の行きたい大学が決まっていて、現状の学習状況に不安があれば、担当の先生に相談してくださいね。

今週末には、藤井セミナー×関西学院大学のコラボ説明会があります。
関西学院大学を目指している方、興味のある方は必ず参加しましょう!
行きたい大学の傾向を知る大チャンスですよ!

(うし)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

    偏差値38から難関大への逆転合格!
    英語長文読解、社会歴史科目専門塾
      藤井セミナー 川西教室

 阪急宝塚線 川西能勢口駅 11番出口から徒歩2分
 JR福知山線 川西池田駅 北出口から徒歩10分
 TEL:072-755-7010

 関学 関大 同志社 立命館 早慶上智
 GMARCH 国公立2次英語 甲南

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
藤井セミナー
教室情報

藤井セミナー川西教室

Author:藤井セミナー川西教室
〒666-0015
兵庫県川西市小花1丁目4-11 
S.I.BUILDING 6F

℡072-755-7010

Facebook
Twitter
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
451位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
59位
アクセスランキングを見る>>
モバイル版
QR
説明会日程
☆個別説明会受付中☆

 個別説明会では、現在の学習状況・環境に合わせて、藤井セミナーの利用方法、学習相談、進路相談を行います。

 どのような相談でも構いませんので、まずは気軽にご連絡ください。

藤井セミナー川西教室
072-755-7010
説明会お申込みはこちら
電話番号 072-755-7010
営業時間 13時~21時
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク